「学力」の経済学

教育って難しいですよね。

特に自分の子供にはできる限り、「よい」教育ができるようにしてあげたいのが人情です。

しかし、「よい」かどうかを判断するには、個人の経験論のようなものでは心もとないのです。

できるなら根拠、エビデンス、データ、そういったものが欲しい、そう思います。

そんな要望に応えるのが、本書『「学力」の経済学』です。

たとえば以下のようなことに対してデータを踏まえて判断を下すことができます。

  • ご褒美ので釣るのはいいのか?
  • テレビ、ゲームはどのぐらいまでOK?
  • ほめて育てたほうがいい?
  • 少人数学級は有効?

子育ての中で遭遇するたくさんの判断が必要な場面、そうした場面の手助けを本書はしてくれるはずです。

わたしも子育ての参考にしています。